ミニ病理勉強会 第24回

いつもお世話になっております。2週続けて台風がやってきて、せっかくの少ない休みを台無しにするとは…。誰にも文句は言えませんが。

本日10月28日(土)に行った第24回のミニ勉強会は、前回に引き続き、弊社社員のみで行いました。内容は以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A 泌尿器その2

尿細管に起こる様々な病理学的変化、膀胱や尿道に起こる疾患、泌尿器の腫瘍、細菌、寄生虫等についてアップデートしました。これで泌尿器の病理検体に苦手意識なく取り組めそうです。

2.症例検討

・河村と三井がそれぞれ悩んだ組織検査症例を持ち寄ってディスカッションしました。時間さえあれば、これらは症例報告として発表できる内容のものです。時間を作るために、頭を使わねばと痛感しました。

当勉強会の構造・やり方については、本年3月17日の投稿をご覧ください。次回第25回は、2017年12月2日(土)午前10時より実施します。参加希望の方はご一報ください。

次回のQ&AコーナーはPathology of domestic animals 6th edition, Vol.2, Chapter 5, Respiratory System, p.465-523(Infectious diseases of the respiratory system の手前まで)が予習範囲となります。いよいよ呼吸器系に入っていきます。12月はミニ勉強会を2回開催して、第2巻を読了して正月を迎えたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井