ミニ病理勉強会 第31回

いつもお世話になっております。過酷な暑さが長く続きましたが、昨日より嘘のように過ごしやすい気候になりました。災害の前触れのような不気味さもあります。夏の残り期間も、注意して過ごしてまいりましょう。

本日の勉強会は外部からのゲストがいらっしゃいませんでしたので、不開催といたしました。獣医病理教科書のQ&Aはいつもどうり作成しましたので、お時間のある方はトライしてみてください。

リンパ腫、組織球系腫瘍、血液凝固系

当勉強会の構造・やり方については、昨年3月17日の投稿をご覧ください。次回の第32回は、9月22日(土)朝9時から当社にて行います(参加者が私一人の場合は不開催となりますが、Q&A集はHPに載せます)。教科書精読は内分泌系の章に突入します。Pathology of domestic animals 6th edition、第3巻、p.269-310(総論、下垂体、上皮小体)が予習範囲となります。内分泌臓器は非常に小さいですが、その役目は他の臓器に全く引けをとっていません。この機会に、しっかり勉強してみましょう!

ちなみに、この教科書の背表紙に
Enhance your diagnostic skills with the veterinary pathologist’s bible!
と書いてありますが、まあその通りだなと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井