愛媛移転に伴う診断業務の大幅変更について

平素より大変お世話になっております。

弊社は2019年2月末に東京都府中市から愛媛県今治市に移転いたします。ただし、移転後の検体のご送付先は愛媛県ではなく香川県になります。以下、移転に関する重要事項をご説明いたします。ご不明な点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。 
メール mitsui@no-boundaries.jp 
電話 080-8904-3988(営業時間(月~土曜日9~18時。祝日を除く)内にお願いします)

<その①> 府中事業所(府中ラボ)を閉鎖します
・弊社府中事業所(東京都府中市)は、2月16日(土)をもちまして、病理検体(組織病理検査、死後検査とも)の受付を終了いたします。
・念のため、数日間の猶予期間を設けますが、2月23日(土)以降は宅急便、郵便の受付を停止いたします。
・弊社連絡先として2月23日(土)をもって042-315-4092の固定電話の番号が使えなくなりますが、その他の連絡先(ファクス050-3153-0639、携帯電話080-8904-3988、メールmitsui@no-boundaries.jpとhisto-nbap@dune.ocn.ne.jp)は従来通り使用できます。
・当面のスケジュールはこちらをご覧ください。 → 2019年2、3月 予定表

<その②> 富士フイルムモノリス株式会社様の診断請負契約が終了します
・今までご愛顧頂いておりました、富士フイルムモノリス株式会社様経由での診断業務は、2月22日(金)に弊社に到着するスライドを最後に、終了となります。
・以降は、富士フイルムモノリス株式会社様の他の病理診断医の先生方が引き継いでくださいます。他の先生が診断した後の「セカンドオピニオン」を三井が行う場合は有料となりますのでご注意ください。

<その③> 副業としての制約が生じます
・弊社における診断業務は今後も三井が行いますが、4月より大学教員の副業として行うことになりますので、迅速な結果のご報告や質問等へのご対応が困難となることが予想されます。
・診断結果をお急ぎの症例は、その旨を検査依頼書に明記いただくか、他社・他の診断医にご依頼いただく事をお奨めいたします。

<その④> 検査料金が変わります
・外注する作業工程が増えるため(検体切り出し、請求書作成等)、検査料金を改定させていただきます(2014年4月の、弊社直接受付診断を開始した時点の価格に「戻します」)。何卒ご理解をいただけますと幸甚です。
・検査料金表はこちらになります。 → ノーバウンダリーズ動物病理 検査料金表
・所見のみを割愛し料金を抑えた診断メニューを新しく加えましたので、状況に応じてご利用ください。所見を割愛しても、鏡検は通常検査と同様に詳細に行いますのでご安心ください。
・弊社では臨床病理検体(細胞診、塗抹等)は検査しておりませんのでご注意ください(組織病理検体に付随した「参考標本」としてであれば、無料で拝見しております。「染色済み」の細胞診スライド等をホルマリン検体とともにお送りください)。

<その⑤> 検体送付先と検査依頼書が変わります
・病理検体は全て、香川県の株式会社四国細胞病理センター様にお送りいただきます。
・株式会社四国細胞病理センター様における弊社検体の受付開始は2月18日(月)となります。
・株式会社四国細胞病理センター様が行っている検体集荷等のサービスは、弊社検体には適用されませんので、ご注意とご了承をお願い申し上げます。
・検査のご依頼書は専用の新しいものをご用意いたしました。ダウンロードされ、必要事項をご記入いただき、検体に同封して、検査依頼書下段に記載されている宛先へお送りください。送付にかかる料金は、大変申し訳ございませんが依頼主様でご負担いただくことになります(集荷や着払いの制度はありません)。
・従来の検査依頼書(府中ラボ用)は使用できなくなりますので、くれぐれもご注意ください。
・新しい検査依頼書はこちらになります。 → ノーバウンダリーズ動物病理 検査依頼書

<その⑥> 死後検査については受入体制が未定です
・ご遺体を送付あるいは持ち込んでいただいて、剖検の段階から弊社が請け負う「死後検査」につきましては、剖検施設が確保でき次第、ご案内申し上げます。
・剖検をご依頼主様(獣医師)が行い、採取した組織の病理検査を依頼される場合は、上記の組織病理検査に準じた扱いになります。
・以上より、2月16日(土)を持ちまして、しばらくの間死後検査の受付を停止させていただきますが、代替案のご相談には対応いたします。

当面、過渡期につきご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜れますようお願い申し上げます。
ホームページのレイアウト変更は、段取りが付き次第行ってまいります。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井一鬼