腫瘍学小テスト⑥解答⑦問題

いつも大変お世話になっております。いよいよ梅雨本番、エル・ニーニョ現象により今年は雨量が多くなるようですが皆様の雨対策は万全でしょうか。

腫瘍学小テストは今回の出題が最後となります。出典となっている教科書をお読みいただければ、答えは必ず書いてあります。教科書に書いてあることを頭にとどめておくためにQ&A形式で進めていますが、実は問題を作る方も大変です。作る人も解く人も苦労すれば、知識が血肉となって長く残るのかなと思っておりますが、真相はいかに。では、前回の解答と、最後の問題をどうぞ。⑦の解答は、近日中にアップする予定です。

腫瘍学小テスト⑥解答

Q1.腫瘍化した細胞に対する生体の免疫反応、すなわち、腫瘍細胞が非自己として認識されて破壊されるプロセス、を理解することは、腫瘍の治療の選択肢を広げるために不可欠である。免疫システムに認識される腫瘍抗原の例としては、①突然変異した遺伝子に由来する異常蛋白質、②生体に元々ある蛋白質だが腫瘍細胞によって過剰に産生されて抗原として認識されるようになった蛋白質、③宿主に感染した(  )、等がある。(  )に当てはまる語句は何か。また、ヒトにおける③の例を2つ述べよ。
A1.ウイルス。ヒトパピローマウイルス、Epstein-Barrウイルス。

Q2.腫瘍細胞に対する細胞性免疫を担う免疫細胞を3種類述べよ。
A2.細胞傷害性Tリンパ球、ナチュラルキラー細胞、マクロファージ。

Q3.腫瘍細胞が生体の免疫を逃れる方法に、①抗原を発現していない腫瘍細胞クローンが選択的に増殖する、②抗原提示を担うMHC分子の発現が腫瘍細胞において減少あるいは消失している、③様々なメカニズムで腫瘍細胞がT細胞の活性化を抑制する、がある。③に関して、腫瘍細胞がPD-L1とPD-L2という分子の発現を増やし、T細胞のPD-1受容体に作用して免疫を抑制している(ブレーキをかけている)ことから、この反応を阻害するためにPD-1に対する抗体を投与して抗腫瘍効果を高めるという方法が近年注目を浴びている。この抗体は一般に何と呼ばれているか?
A3.チェックポイント阻害薬。

Q4.ヒトの細胞は46本の染色体を持っている。検査のため見えるようにこれらを染色して大きい順に並べ、異常がないか確認したり性別の判定を行ったりする作業を核型分類karyotypingと呼ぶ。核型分類によって染色体の「並べ替え(再配列)」の有無や特徴を調べることで、特定の腫瘍の診断や発症の可能性の判断が可能になる。プロトオンコジーンを活性化するような染色体再配列の中で、最もよく研究されているのが転座translocationと呼ばれる再配列であるが、このメカニズムで起こる腫瘍の例をいくつか挙げよ。
A4.慢性骨髄性白血病、急性骨髄性白血病、ユーイング肉腫、マントル細胞リンパ腫、等。

Q5.腫瘍の発生にはDNAの異常(突然変異)や染色体再配列の他にも、エピジェネティックな現象(DNAのメチル化、ヒストンタンパクの修飾等)、さらに(  )と呼ばれる約22塩基から成る、タンパク質に翻訳されない小さな単鎖の(  )が関連していると言われている。2つの括弧に入る語句をそれぞれ述べよ。
A5.miRNA(マイクロRNA)、RNA。

腫瘍学小テスト⑦(最終)

出典 Robbins and Contran Pathologic Basis of Disease 9th ed. Chapter 7: Neoplasia. p.321-338, 2015, Elsevier.

Q1.化学物質の中には腫瘍を誘発するものがある。その過程は(   )と(   )に分けられる。前者の段階では、発癌性化学物質が持つ求電子体がDNAに修復不可能な傷害(突然変異)をもたらす。後者の段階では、それ自身は突然変異を起こすことがない「プロモーター」が細胞の増殖を促し、傷がついたDNAに追加の突然変異が起こる機会を増やし、最終的にその細胞が腫瘍化する確率を高める。2つの括弧に入る言葉をそれぞれ述べよ。
Q2.発癌性化学物質にはいろいろなものがあるが、代謝を受けずとも腫瘍を起こし得るもの(直接作用性発癌物質)と、体内で代謝されて初めて発癌作用を発揮するもの(間接作用性発癌物質)に分けられる。後者において、多くの発癌物質の代謝に関わっている重要な酵素とは何か?
Q3.日光の紫外線を受けて、特に色白の人が起こしやすい皮膚悪性腫瘍を3つ述べよ。また、紫外線を受けるとDNAに生成され、らせん構造を乱すものは何か?
Q4.ピロリ菌(Helicobacter pylori、イタリック体)の感染がその発生に役割を果たしているとされる2種類の胃の腫瘍を述べよ。
Q5.悪性腫瘍に罹患すると重度の倦怠感、食欲不振、貧血が見られることがあり、癌性悪液質cancer cachexiaと呼ばれる。この発生機序には不明点が多いが、以下が共通してみられる。①(   )と(   )の均等な消失、②基礎代謝の増加、③全身性炎症の証拠(例:急性相蛋白の増加)。2つの括弧に入る言葉をそれぞれ述べよ。
Q6.次の腫瘍随伴症候群の病態と腫瘍の組み合わせで正しいものはどれか?
  低血糖と線維肉腫
  クッシング症候群と小細胞肺癌
  播種性血管内凝固と前立腺癌
  筋無力症と胸腺腫瘍
Q7.腫瘍のグレーディングとステージングの違いを述べよ。

以上です。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

腫瘍学小テスト⑤解答⑥問題

いつもお世話になっております。今回も、私も含めた門外漢にはキョトンとするような内容で恐縮ですが、腫瘍学の研究が様々な観点から行われている大きな理由は、なんとしてでも敵(腫瘍)の素性や手口を知って、効果的な診断法、治療法、予防法を編み出したいという切実な思いがあるからだと思います。腫瘍学小テストは次で最後の出題となる予定です。では、前回の問題の解答と今回の問題です。

腫瘍学小テスト⑤ 解答

Q1.Warburg効果(代謝)として知られる腫瘍細胞の特異な代謝は、細胞のエネルギー源となるATPの産生効率が格段に良い「酸化的リン酸化」よりも、細胞の増殖に寄与する「好気性解糖」(蛋白、核酸、アミノ酸、脂質等の生成につながる)に大きく偏ったものとなっている。このため、腫瘍細胞は活発に(   )を取り込む性質があり、これを利用した、腫瘍の局在を調べる検査方法が(   )である。初めの括弧に物質名を、後の括弧にアルファベット3文字の検査の通称を入れよ。
A1.グルコース、PET(陽電子断層撮影法)。

Q2.プログラムされた細胞死(アポトーシス)は、腫瘍化しかねない危険な細胞を取り除き生命を永らえるための重要な現象である。アポトーシスを引き起こす経路には外因性と内因性の2通りがあるが、それぞれの契機となるのはどのような出来事か?また、どちらの経路も最後は「(死刑)執行人」と称される物質を活性化するに至るが、この物質とは何か?
A2.外因性経路はCD95/Fas受容体にFasリガンドが結合することで始まる。内因性経路は様々な出来事(細胞へのストレス、放射線被ばく、化学物質等)によってDNAが傷害されることで始まる。死刑執行人はcaspase 3。

Q3.細胞が分裂を繰り返すうちに染色体の末端にある(   )という特別なDNA配列が徐々に短くなり、そのうちこの配列が露出するとアポトーシスを起こしたり、分裂危機mitotic crisisに陥って細胞死を起こしたりする。腫瘍細胞の多くはこの配列を維持・修復する(   )という酵素の産生が高まっており、死ににくくなっている。2つの括弧に入る言葉をそれぞれ延べよ。
A3.テロメア(telomeres)とテロメラーゼ(telomerase)。

Q4.腫瘍組織の中で、一本の血管が酸素や栄養を届け、老廃物を集めることができる範囲は、血管の周囲①1-2mm、②1-2cm、③5cmの領域である。正しいと思う番号を選べ。
A4.①が答え。腫瘍が成長するためには、正常組織と同様、血管新生が重要であることがわかる。

Q5.腫瘍細胞が周囲の組織に浸潤したり、リンパ節、遠隔臓器へ転移したりするには、非常に多くのステップを踏まなければならない。その第一の段階では、腫瘍細胞同士の細胞間接着が緩む必要がある。結腸癌、胃癌、肺癌等のいくつかの上皮系悪性腫瘍では、(   )という接着因子の機能が失われている。括弧に入る物質名を述べよ。
A5.E-cadherin。

Q6.特定の腫瘍が特定の臓器に転移しやすいという現象をどう説明できるだろうか?あなたの考えを述べよ。
A6.特定の臓器の血管内皮に優先的に発現しているリガンドに対する接着分子を、腫瘍細胞が持っているから。逆に、脾臓や骨格筋は血管が豊富なのに腫瘍転移が起こりにくいのは、これらの臓器・組織が腫瘍細胞の生着と成長に適していないからかもしれない。

腫瘍学小テスト⑥

出典 Robbins and Contran Pathologic Basis of Disease 9th ed. Chapter 7: Neoplasia. p.310-321, 2015, Elsevier.

Q1.腫瘍化した細胞に対する生体の免疫反応、すなわち腫瘍細胞が非自己として認識されて破壊されるプロセス、を理解することは、腫瘍の治療の選択肢を広げるために不可欠である。免疫システムに認識される腫瘍抗原の例としては、①突然変異した遺伝子に由来する異常蛋白質、②生体に元々ある蛋白質だが腫瘍細胞によって過剰に産生されて抗原として認識されるようになった蛋白質、③宿主に感染した(  )、等がある。(  )に当てはまる語句は何か。また、ヒトにおける③の例を2つ述べよ。
Q2.腫瘍細胞に対する細胞性免疫を担う免疫細胞を3種類述べよ。
Q3.腫瘍細胞が生体の免疫を逃れる方法に、①抗原を発現していない腫瘍細胞クローンが選択的に増殖する、②抗原提示を担うMHC分子の発現が腫瘍細胞において減少あるいは消失している、③様々なメカニズムで腫瘍細胞がT細胞の活性化を抑制する、がある。③に関して、腫瘍細胞がPD-L1とPD-L2という分子の発現を増やし、T細胞のPD-1受容体に作用して免疫を抑制している(ブレーキをかけている)ことから、この反応を阻害するためにPD-1に対する抗体を投与して抗腫瘍効果を高めるという方法が近年注目を浴びている。この抗体は一般に何と呼ばれているか?
Q4.ヒトの細胞は46本の染色体を持っている。検査のため見えるようにこれらを染色して大きい順に並べ、異常がないか確認したり性別の判定を行ったりする作業を核型分類karyotypingと呼ぶ。核型分類によって染色体の「並べ替え(再配列)」の有無や特徴を調べることで、特定の腫瘍の診断や発症の可能性の判断が可能になる。プロトオンコジーンを活性化するような染色体再配列の中で、最もよく研究されているのが転座translocationと呼ばれる再配列であるが、このメカニズムで起こる腫瘍の例をいくつか挙げよ。
Q5.腫瘍の発生にはDNAの異常(突然変異)や染色体再配列の他にも、エピジェネティックな現象(DNAのメチル化、ヒストンタンパクの修飾等)、さらに(  )と呼ばれる約22塩基から成る、タンパク質に翻訳されない小さな単鎖の(  )が関連していると言われている。2つの括弧に入る語句をそれぞれ述べよ。

以上です。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

腫瘍学小テスト④解答⑤問題

いつもお世話になっております。(関東地方の)梅雨入りが遠くないと感じさせる今日この頃です。

腫瘍、という一つの病気のグループについて、ある獣医師の先生とともに英語の教科書を読み進めながらこの連載を続けていますが、あと3回ほどで終了する見通しです。その次は獣医法医学の本を読み進めていく予定ですが、どのようにやっていくかはぼちぼち考えることにします。私のあまり当たらない予想では、日本にも5~10年後には獣医法医学の波が(北米から)やって来るでしょう。来年のアメリカ獣医病理学会では獣医法医学にフォーカスしたプログラムが組まれるようです。動物の病気の診断・研究に加えて、人間と動物の関係の一つの暗い側面を獣医病理医がケアする時代に入っていくようです。

では、以下が前回の解答と今回の問題になります。

腫瘍学小テスト④ 解答

Q1.腫瘍抑制遺伝子は、正常な細胞の増殖にブレーキをかける重要な役割を果たしており、多くの腫瘍においてこのタイプの遺伝子に異常が見られる。その一つにRB(遺伝子なので本来はイタリック体)がある。RBに変異が起こると網膜芽細胞腫という眼球内の悪性腫瘍の発生につながるが、生まれつきRBに異常がある場合とそうでない場合ではこの腫瘍の発生リスクに大きな差があり、two-hit 仮説(Knudson仮説)と呼ばれている。この仮説を簡潔に説明せよ。
A1.「家族性」の網膜芽細胞腫は、一対の遺伝子の一方が生まれつき変異しており、第2の変異が生後に散発的に起こると発症する。「偶発性」の場合は、一対の遺伝子のそれぞれに生後に散発的に変異が起こると発生する。散発的な変異が2回起こる確率は低いため、家族性の網膜芽細胞腫は偶発性のそれに比べて1万倍も発生リスクが高いと言われている。

Q2.「ゲノムの守護者」の異名を持つTP53(イタリック体)という遺伝子は、p53というタンパク質をコードしている。正常細胞が腫瘍化するのを防ぐためにp53が担っている役割を4つ述べよ。
A2.細胞周期の「一時」停止、細胞周期の「永久」停止(老化)、DNA修復、アポトーシス。

Q3.(    )という遺伝子(と、これがコードする同名のタンパク質)は「大腸腫瘍の門番」と呼ばれており、WNTシグナリングの重要な要素(この経路を抑制するように働く)である。括弧に入るアルファベット3文字の遺伝子名を述べよ。
A3.APC。adenomatous polyposis coliの略。

Q4.腫瘍抑制機能を持ちながら、血管新生や免疫回避等、腫瘍増殖に寄与する働きも持つ、いわば諸刃の剣のシグナル伝達経路とは何か?
A4.TGF-βシグナル伝達経路。

Q5.Li-Fraumeni症候群とは何か?
A5.TP53遺伝子の一方に生まれつき変異を持つヒトは、一般集団に比べて、50歳までに悪性腫瘍が発生する可能性が25倍高い。これはRBのtwo-hit仮説と同様に説明される。

Q6.細胞増殖経路のPI3K/AKTシグナリングを抑制する、ヒトのCowden症候群(過誤腫や良性腫瘍が皮膚や消化器に多発する疾患群)において変異しているとされている遺伝子は何か(アルファベット4文字)?
A6.PTEN(イタリック)。

腫瘍学小テスト⑤

出典 Robbins and Contran Pathologic Basis of Disease 9th ed. Chapter 7: Neoplasia. p.300-310, 2015, Elsevier.

Q1.Warburg効果(代謝)として知られる腫瘍細胞の特異な代謝は、細胞のエネルギー源となるATPの産生効率が格段に良い「酸化的リン酸化」よりも、細胞の増殖に寄与する「好気性解糖」(蛋白、核酸、アミノ酸、脂質等の生成につながる)に大きく偏ったものとなっている。このため、腫瘍細胞は活発に(   )を取り込む性質があり、これを利用した、腫瘍の局在を調べる検査方法が(   )である。初めの括弧に物質名を、後の括弧にアルファベット3文字の検査の通称を入れよ。
Q2.プログラムされた細胞死(アポトーシス)は、腫瘍化しかねない危険な細胞を取り除き生命を永らえるための重要な現象である。アポトーシスを引き起こす経路には外因性と内因性の2通りがあるが、それぞれの契機となるのはどのような出来事か?また、どちらの経路も最後は「(死刑)執行人」と称される物質を活性化するに至るが、この物質とは何か?
Q3.細胞が分裂を繰り返すうちに染色体の末端にある(   )という特別なDNA配列が徐々に短くなり、そのうちこの配列が露出するとアポトーシスを起こしたり、分裂危機mitotic crisisに陥って細胞死を起こしたりする。腫瘍細胞の多くはこの配列を維持・修復する(   )という酵素の産生が高まっており、死ににくくなっている。2つの括弧に入る言葉をそれぞれ延べよ。
Q4.腫瘍組織の中で、一本の血管が酸素や栄養を届け、老廃物を集めることができる範囲は、血管の周囲①1-2mm、②1-2cm、③5cmの領域である。正しいと思う番号を選べ。
Q5.腫瘍細胞が周囲の組織に浸潤したり、リンパ節、遠隔臓器へ転移したりするには、非常に多くのステップを踏まなければならない。その第一の段階では、腫瘍細胞同士の細胞間接着が緩む必要がある。結腸癌、胃癌、肺癌等のいくつかの上皮系悪性腫瘍では、(   )という接着因子の機能が失われている。括弧に入る物質名を述べよ。
Q6.特定の腫瘍が特定の臓器に転移しやすいという現象をどう説明できるだろうか?あなたの考えを述べよ。

以上です。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井