コロナウイルス検査始めました

いつも大変お世話になっております。

このたび、猫とフェレットのコロナウイルス疾患の「組織病理検査+免疫組織化学検査(免疫染色)」をセットにした「コロナセット」を始めました。フライヤーは下の文字をクリックするとご覧いただけます。

コロナセットフライヤー

ウイルス疾患の診断には、サンプルからウイルスそのものを精製・分離する方法や、PCRでウイルスの遺伝子の存在を調べる方法などがあります。中でも、実際にウイルスが悪さをしていることを細胞や組織を顕微鏡で見て疑ったうえで免疫染色でウイルスの抗原が存在することを調べる今回のような病理検査は、疾患を確実に診断する有意義な検査として知られています。いわば、超高性能の煙探知機がPCR検査とすれば、煙が夕食の魚を焼いて出ているのか危険な火事で出ているのかを判断するのが今回のようなセット検査です。検査結果が示す意義を明確に把握できてこそ、適切な治療や予後判定ができるのではないでしょうか。

本検査に関するお問い合わせやご質問は、営業時間内のお電話か、時間不問の電子メール(お返事は受領から1~2営業日以内となります)でお待ちしております。連絡先はフライヤーに記載しております。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井