学会発表ポスター

お世話になっております。

10月16日~20日までお休みをいただいて、アメリカ獣医病理学会(今年はミネソタ州ミネアポリスにて開催)に参加しました。不在中はご迷惑をおかけいたしました。留守中に死後検査のご依頼があったのですが、やむを得ずを受けることができず、申し訳ありませんでした。

今年もたくさん勉強してきましたので、後日その収穫を皆様と共有すべく、何度かに分けて投稿したいと思います。

自らもポスター発表をしてきました。症例報告の題材もいくつかあったのですが今年は敢えて少しこだわって、「日本における伴侶動物の剖検率向上の取り組み」と題して、カラフルなポスターを作りました(一部、不快な思いをされるかもしれない写真がありますが、文脈やメッセージ発信のために必要ですので、何卒ご容赦ください)。今回のポスター作成・発表は、自分の頭の中を整理する意味もあったので、これまで得たことを生かし、反省を踏まえて、事務所移転後に「死後検査2.0」(?)をスタートさせます。

ACVP2015 poster

(ポスター作成にご協力いただいた方々は謝辞欄に記載させていただきました。ありがとうございました。)

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井