Dr.Kの日本病理学会参加報告

自己紹介以来、初めてコメントさせて頂きます。
レジデントの河村芳朗です。
当社代表の華麗なスルーパスにより、5月12~14日に仙台国際センターにて開催された、第105回日本病理学会総会に参加してきました。
医療の学会に参加するのは初めての経験で、右も左も分からない状態でしたが、獣医の学会と進行の流れ等は変わらないので一安心でした。が、規模の大きさはさすがと言わざるを得なかったです。

今回の学会のテーマは「症例から学び直す病理学」ということでしたので、実際の症例を絡めた講演を聞けて、大きな興味を持って臨むことが出来ました。
複数のセッションが同時に行われていたこともあり、全ての話を聞くことは出来なかったのですが、事前に自分の興味のある分野をピックアップし、死後検査関連のセッションと、自分自身が大学院のときに扱っていた甲状腺腫瘍を含む、「初心者の為の内分泌病理学」というセミナーに主に参加しました。

剖検関連のセッションは、初日の19時30分~21時という、獣医の学会ではなかなかお目にかかれない時間に開催されていました。
医療の世界でも死後検査の件数は年々減少傾向にあり、獣医療でも危惧されていることと同様な問題に直面していることには、少し驚きでした。しかし、制度やネットワークの整備など、様々な手段を講じることでその問題に対処しようと奮闘されていました。
また、死亡時画像診断(AI; autopsy imaging)に関しても、非常に興味深い内容でした。AIというのは、死後検査の一環として、CTやMRIを用いて画像診断を行う検査です。言葉では聞いたことがあったのですが、実際の症例で詳しく解説をされると、その奥深さを考えさせられました。

利点
①病理解剖を行う際に、事前にAIで情報を得ることで、病理解剖の手技や方針の決定の手助けになる。
②病理解剖が出来ない症例にAIを行うことで、死因の特定につながる可能性がある。

問題点
①画像診断と言っても、AIにおける専門的な知識・読影法が必要である。
②現状では、AIのみでは死因の特定率は低い。

ということでした。やはり、AI→病理解剖ということを繰り返し、情報を蓄積していくことや人材を育成することが問題解決には重要なのだと思います。しかし、病理解剖を実施するには壁があり、理想的とは言い難いのが現状みたいです。
個人的には、獣医療の世界にもAIが導入され、一般的になることが望ましいとは思うのですが、そのために乗り越えるハードルはまだまだ高そうだなと感じました。まずは環境作りからコツコツと組み立てていくことが第一歩ですね。

「初心者の為の内分泌病理学」というセミナーでは、個人的には、あまり初心者のためではないのでは…?と思うぐらい詳しい内容でしたが、少しかじっていた甲斐もあって、すごく勉強になりました。
内分泌の腫瘍性疾患は、機能性の(大きな症状が現れる)ものであれば発見されることもあるとは思うのですが、非機能性のものや潜在的機能性の(あまり症状が現れない)ものなどは気付かれにくい、というのが一般論でしたが、昨今の画像解析技術の進歩などにより、発見率が大幅に上がってきているそうです。また、低侵襲的(あまり体に傷を付けない)な検査方の開発により、検査機会も徐々に多くなっているそうです。
この風潮は獣医療にも同じことが言えるので、おそらく今後、獣医療でも、内分泌の病理診断の重要性は上がるのではないかなと考えています。今後の個人的な研究テーマとしてもいろいろと考えていきたいと思います。

人生初の『杜の都・仙台』は、非常に有意義な時間でした。牛タンも美味しかったです。
もし今後も機会があれば、また様々な学会に参加して、異種格闘技のようなワクワク感をお伝えできればと思います。

ノーバウンダリーズ動物病理
河村芳朗

ミニ病理勉強会第4回

お世話になっております。九州の地震から1か月が経ちました。被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。もし我々にお手伝いできることがありましたら、遠慮なくご相談ください。

4回目となる5月14日のミニ勉強会は参加者5名で以下の内容でした。

1.獣医病理教科書Q&A (問題と解答→Pathology-of-domestic-animals-6th-ed-Chapter-2-3-QAs
2.鈴木聡先生(ACプラザ苅谷動物病院市川橋病院)ご講演「イヌの舌における顆粒細胞腫瘍の由来と細胞質内顆粒形成に関する病理学的研究」
3.生検症例紹介(balloon cell melanocytoma, histiocytic sarcoma(どちらも犬))
4.剖検症例紹介(病変内に回虫様の線虫の幼虫と卵を伴う腹膜炎の猫の症例)

第4回勉強会

鈴木先生のご講演は、研究って奥が深くて面白いなと自然に感じる内容でした。Veterinary Pathology 2015, Vol. 52(3) 456-464にご講演の内容が発表されていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

当勉強会の構造・やり方については、4月4日の投稿をご覧ください。次回は日本獣医臨床病理学会(今月28, 29日)に参加する関係上、3週間後の6月4日(土)13時スタートとなりますので、参加ご希望の方はご連絡ください。生検や剖検の症例発表は、参加者の持込も歓迎しますので、パワーポイントあるいは印刷したレジュメ、実際の組織スライド等を持参していただければと思います。持込症例がない場合に、当社の症例発表をすることにします。

次回までに読んでくる範囲は、Pathology of domestic animals 6th edition, Chapter 2 Bones and Joints, p.128から、いよいよ次章Chapter 3 Muscle and Tendonのp.186(Congenital and inherited diseasesの手前まで)です。これを読めば、獣医病理のバイブルの約1割をカバーしたことになります。先は見えてきた?!

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

死後検査を飼主様にどう説明するか

いつも大変お世話になっております。今回は、臨床獣医師の先生方からよくいただく質問、「伴侶動物の死後検査を飼主様にどう説明したらいいのでしょうか?」について、個人の経験と知見から記してみます。

まず、このような説明をどのようにすべきかについては、どんな教科書にも(洋の東西を問わず)書かれていません。おそらく西洋では動物の死後検査は獣医療の中で比較的定着した検査のため、敢えて説明を必要としないのかもしれません。治療の効果が期待できない重篤な疾患、治療することで動物の苦痛がかえって長引く可能性が高い疾患、高額な治療しか選択肢にない場合等には、西洋では飼主様と主治医の綿密な協議の上で動物の安楽殺euthanasiaという選択肢がとられることがあります。その代償として、せめて他の動物のために有用な医療情報を提供することで命に報いたいという想いで死後検査が選択されるケースを、米国留学中に何度も経験しました。翻って日本では、私が臨床分野にいた頃にもそうでしたが、亡くなるまでに最善を尽くすことが臨床獣医師の主要な役目であり、亡くなったらそっと見送ってあげようという姿勢が一般的で、死後検査の実施率は概して低いようです。こういった状況ですので、いざ死後検査が獣医師あるいは飼主様から要求される際のコミュニケーション手段について、我々は圧倒的に「慣れておらず」、教科書に書こうとしても適切な実例の蓄積がないのだと思います。あるいは、こういったコミュニケーションのノウハウが必要である、という認識すら薄いのかもしれません。死後検査についての獣医師と飼主様のやりとりは、いわば「獣医療の古くて新しい課題」と言えます。

ではどうしたらいいのか?以下は、動物の死後検査を専門業務として行っている者としての提言です。

①説明文/パンフレットを常備しておく
 A4用紙1枚でも構いませんので、死後検査というのはどのような検査なのかを臨床医自ら、飼主様の目線で書いて常備しておけば、いざという時に役に立つでしょう。私の知り合いの先生にも、そういった資料を常備されている方がいらっしゃいます。当社のホームページ(HP)にも、少し古い情報が載っているものの(価格、会社住所等)、飼主様用に作成したパンフレットのPDFがありますので、ご参照ください。
 飼主様は報道、テレビドラマ、小説等で人には死因を調べる専門家や機関があることをご存知ですが、動物にもそれがあることを知っている方は案外少ないようです。その原因は多岐に渡りますが(昨年の米国獣医病理学会に当社から発表したポスター参照。過去のブログにあります)、まずは動物の死後検査実施施設が日本にも存在すること(当社の他には民間で2施設あります)、また、臨床医自身も死因を調べる手技(「検案」と言います)を遂行可能であることを知っていただくことが重要かと思います。

②いつ言うの?どう言うの?
 獣医師も飼主様と同じく、患者さん(動物)の死によって大きなショックを受けます。また、生き物を扱っている以上、生前の検査では(たとえ精密なCT検査や血液検査や組織生検等を駆使しても)どうしても病態が把握しきれず、治療がうまくいかないことがあります。そのような状況でも獣医師は職業人としてその死から多くを学び次につなげたい、他の動物の診察、検査、治療に役立てたいと思うものです。ですが獣医師から飼主様に「死後検査をさせてください」と切り出すことは、とてつもなく勇気のいることです。逆に、飼主様から獣医師に「死後検査をお願いできますか」と言い出すことも躊躇されがちです。「死」を巡って様々な思惑が交錯し、出来れば死因を知りたいけれど相手が気分を害さないだろうか、費用の負担をどうしようか等々と考えているうちに、ご遺体は荼毘に付されたり埋葬されたりして、死因を知る機会は永久に失われます。
 いつ、どのように死後検査に言及するのかは非常にデリケートな問題ですが、死後検査を依頼いただくことが多いとある獣医師の先生によれば、出来れば生前から飼主様と死後検査について話す機会を設けることが重要とのことです。その際には、①のような資料を提示し、第三者機関で検査をすることも可能であること、コスメティック剖検でご遺体をきれいにお返しできること、検査にかかる時間や費用等について、明らかにしておくそうです。突然死の状況ではこういった事前の話し合いは不可能ですが、生き物はいつか亡くなるということを自然にとらえて、今よりも前向きに死後の相談ができる獣医療に変わっていけばと切に願います。

③飼主様の意向が第一優先
 死後検査は、飼主様にとっては大きな決断です。愛する動物の身体にメスが入りますし、お金もかかります。ですので、死後検査実施の決断には十分な時間を差し上げることが重要です。ご遺体は、冷蔵あるいはそれに準じた保管をすれば一晩程度であれば死後変化はそれほど進まずに有意な検査ができますので(季節や脂肪の量等に左右されますが)、その時間を使って様々な方の意見を総合して最終的な決断をしていただくことが理想的です。動物が亡くなると(私も自宅の動物が亡くなるとそうですが)、感情が大きくかき乱され、とても冷静な判断ができるものではありません。次の日に、多少でも気分が落ち着いてから考えても遅くはありませんので、獣医師の先生方は飼主様に「一晩、家族会議をなさって決めていただいても構いません」とお伝えください。

④インフォームドコンセント
 検案を自ら行う、あるいは大学や検査会社に死後検査を依頼するという経験をせずに獣医師のキャリアを終える臨床獣医師は、おそらくかなりの数に上るのではないでしょうか。それほど、日本ではマイナーな検査です。ですので、いざそれを飼主様に説明するときにお困りになるのは当然のことです。当社HPのトップページ右下に「よくある質問」というピンク色のアイコンがあります。こちらには、実際に頻繁にお問い合わせのある事柄を網羅してありますので、是非飼主様と一緒にご覧いただくか、獣医師が熟読して噛み砕いて飼主様に説明して差し上げると、死後検査がどういう検査なのか、だいたい把握できると思います。そうした上で、一晩の熟考を経て、死後検査をするかどうか決断いただくのが良いと思われます。
 
⑤検査費用
 米国のほぼすべての獣医大学には、他の検査項目とともに、死後検査の詳細を費用も含めて明示したHPがあります。一般の方が自由に閲覧し、判断材料に出来るようにという配慮からです。当社もそれに倣い、HPのトップページの「私たちについて」の右横のアイコン「死後検査」をクリックしていただき、下にスクロールしていただければ、死後検査の価格がお分かり頂けるようにしております。不特定多数の人が閲覧可能なHPに検査費用を掲載することの是非については様々な意見があると思いますが、特殊な検査ゆえに、実施の判断の根拠として価格は重要な因子であると考えております。この価格には、主治医の先生が死後検査を仲介する際に発生する様々な費用(診察時間外に剖検に立ち会っていただく病院スタッフの方々の賃金、通信費、診断書の内容を飼主様に説明する際のコンサルテーション料等)は含まれておりませんので、あくまで目安であることを申し添えます。 

⑥コスメティック処置
 剖検によってご遺体が「切り刻まれる」という迷信が根強くあります。死後検査は第1パートが剖検、第2パートが組織病理検査、第3パートは必要に応じて実施する補助検査となっており、全てにおいて系統だった検査を行います。剖検においても、ランダムに切り刻むということは一切なく、手順に従って、あとで綺麗にご遺体を整えることを念頭において検査を進めます。ご遺体にメスが入ることに躊躇される飼主様がいらっしゃることは当然のことで、私も複数の動物の飼主として同じ気持ちを抱いております。ですが、死後検査を実施するものとして、ご遺体に「ひどいことをしている」と思われる、言われるというのは、かなり残念なものでもあります。この点につきましては、日本という国において伴侶動物の死後検査を行うものとして、常々細心の注意を払っておりますので、ご不明な点がありましたらお気軽にお尋ねください。ご参考までに、剖検を実施する前と後のご遺体を比較した写真をお示しいたしますので、ご参照ください。

コスメティック剖検実例

以上、非常に長い文章になりましたが、臨床獣医師の先生方と飼主様のお役にたてれば幸いです。ご不明な点がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、上記は私の見解ですので、様々なご意見を頂戴できればと思います。よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

ミニ病理勉強会第3回

お世話になっております。熊本および大分の震災で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。もし我々にお手伝いできることがありましたら、遠慮なくご相談ください。

3回目となる4月30日のミニ勉強会では、参加者4名が皆、真剣に動物の病気について学び、意見を交換しました。

ラウンドの様子

今回のQ&Aを掲載しましたので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

Pathology-of-domestic-animals-6th-ed-Chapter-2-2-QAs

当勉強会の構造・やり方については、4月4日の投稿をご覧ください。次回は5月14日(土)13時スタートとなりますので、参加ご希望の方はご連絡ください。生検や剖検の症例発表は、参加者の持込も歓迎しますので、パワーポイントあるいは印刷したレジュメ、実際の組織スライド等を持参していただければと思います。持込症例がない場合に、当社の症例発表をすることにします。

次回までに読んでくる範囲は、Pathology of domestic animals 6th edition, Chapter 2 Bones and Joints, p.84-128(Diseases of jointsの手前まで)です。動物の骨の腫瘍のトピックが多く含まれます。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井