Dr.Kの日本獣医学会学術集会参加報告

随分と時間が空いてしまいましたが、9月6-8日に日本大学生物自然科学部にて開催された第159回日本獣医学会学術集会へ参加させていただきました。

初めて日本大学に足を踏み入れる機会に恵まれ、これでやっと日本にある私立獣医大学を全部見ることが出来ました。私の母校は北海道の広大な自然に囲まれていたこともあり、日本大学の近代的な校舎には驚かされました。(見渡す限りのトウモロコシ畑や放牧地も決して悪いものではありません!)

獣医病理学領域の大きな学会は年に2回(9月と3月)行われており、9月の学会は口頭発表による研究発表が主体となっています。獣医病理以外の他の分科会の発表も同時に行われているのですが、時間帯が重複していたり馴染みが薄かったりと、なかなか足を運べません。ただ抄録を見ると興味深い演題も多く見受けられましたので、いつかは思い切って獣医病理の会場から離れて他の分科会の会場にも足を運んでみたいと思います。

研究発表に関しては、何年も継続して同じテーマを掘り下げているものや、新たに取り組んでいるものなど様々ありましたが、印象的だったことはアミロイドの研究に関する発表が多いことでした。アミロイドとは、様々な前駆物質が異常に集積した不溶性蛋白質の総称で、これらが組織中に沈着し機能障害を来たすとアミロイド症と診断されます。古くから知られている疾患ですが、獣医病理の世界では昔から今に至るまで、研究されている先生が多いようです。特に近年では分析機器の発達により詳細なこと(アミノ酸配列やそのゲノム遺伝子など)まで分かるようになってきたので、今後も急速に発達していく分野なのかなと感じられました。

また、特別企画では「家畜感染症の病理—人体病理との交流」とのテーマで、豚の感染症を主体とした講演を聞かせていただきました。私個人として、普段は豚の病理診断を行う機会は非常に少ないので、大変興味深く学ばせていただきました。豚のウイルス感染症は非常に重要で、特に九州地方で発生した「豚流行性下痢」はニュースなどでも報道されていたように、養豚業界に大きな経済的損失を招いてしまいます。また、インフルエンザウイルスや二パウイルスといった人獣共通感染症の概要から最新の知見に対する講演もあり、このグローバルな現代社会では決して対岸の火事ではないと思いました。私の普段の業務時にはそのような考えに基づいて診断を行う機会は少ないですが、家畜の感染症を学ぶことで改めて獣医師の役割の大きさ、その範囲の広さを痛感しました。

5月に人間の病理学会に参加させていただきました。確かに規模や解析方法などは獣医の世界と比べると各段にそちらの方が大きいなと感じましたが、獣医領域の学会にもまだまだ学べることはたくさんあり、まだまだ研究の余地のある分野もたくさんあるのだなと考えさせられる学会でした。3月の学会は獣医病理分科会独自の学会で、私個人としても楽しみにしている「獣医病理研修会」も開催されます。白熱した議論が多々行われる場ですので、また皆様にいろいろなことをご報告させていただこうと考えています。

ノーバウンダリーズ動物病理
河村芳朗

ミニ病理勉強会 第12回

いつもお世話になっております。

ハロウィーンがすっかり行事として定着した感があります。思えばすごいことで、他国の風習を10年くらい(?)で「年中行事」に仕立て上げてしまうこの現象は一体どういうものなのか、病理医として興味があります。マクロの社会現象が、ミクロの体内の現象とよく似ているという例はよくありますので、マクロとミクロの研究者の交流なんかしてみると、互いに得るものが大きいのでは、と夢想します。ちなみに弊社では「じゃがりこ」を用意して子ども達を待っているのですが、さて、どうなりますことやら。

10月22日(土)に行った第12回のミニ勉強会には、ゲスト2名を含めて4名が参加しました。いつも都合をやりくりして参加していただき、ありがとうございます。JCVP合格の弊社河村に拍手をしている、半分ヤラセ写真です。

拍手!

今回は以下のような内容でした。

1.獣医病理教科書Q&A by 全員  Q&A
 耳の病理について、今回読まなければおそらく一生学ぶことはないなと思いましたので、貴重な機会でした。
2.死後検査症例検討会
 ①「エチレングリコール中毒が強く疑われた猫」 by 河村 
 不審な同時多頭死の症例で、獣医大学や捜査機関も原因追及に関わっています。エチレングリコール中毒はある意味有名な病態ですが、この時に起こる肺水腫の発生機序についてあまりうまく説明がつきませんでした。
 ②「尿道閉塞で死亡した猫」 by 三井 
 「尿閉は下手したら亡くなる」(それだけ緊急度の高い疾患である)と言いますが、実際に亡くなるメカニズムはよくわかっていないということがわかりました。
3.組織病理症例検討会
 「豚のganglioneuroblastoma」 by 吉村先生(日本獣医生命科学大学) 
 見慣れない若齢豚の腫瘍について、複数の免疫染色の結果もあわせて説明していただき、大変勉強になりました。

当勉強会の構造・やり方については、本年4月4日の投稿をご覧ください。次回第13回は、11月12日(土)13時スタートとなりますので、参加ご希望の方はご連絡ください。生検や剖検の症例発表は、参加者の持込も歓迎しますので、パワーポイントあるいは印刷したレジュメ、実際の組織スライド等を持参していただければと思います。持込症例がない場合に、当社の症例発表をすることにします。

次回はPathology of domestic animals 6th edition, Chapter 6 Integumentary System, p.509-558. Physicochemical diseases of skinの前までが予習範囲です。非常に長い章ですので、読破には来年までかかる予定です。皮膚病理は特殊な用語が多く、疾患も非常に多岐に渡りますので、手ごわい章ですが、じっくりと取り組んでいきましょう。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

ミニ病理勉強会 第11回

今年も早いもので、最後の3カ月に突入しました。残暑かと思えば冷たい風が吹き、体調の維持に一苦労です。皆さまも、くれぐれも体調にお気を付けください。

さて、10月8日(土)に行った第11回のミニ勉強会には、ゲスト2名を含めて4名が参加しました。お忙しい中いらしていただき、ありがとうございました。「参加してみたいけれど、土曜日は無理」という方もいらっしゃるようです。どの曜日にしても誰かしら何かしら不都合は出てくるので、ご意見があればメールやフェースブック等で教えてください。検討させていただきます。

%e7%ac%ac11%e5%9b%9e%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc

今回は以下のような内容でした。

1.獣医病理教科書Q&A by 全員  第11回ラウンドQ&A集

2.死後検査症例検討会
 ①「多発性リンパ腫(中~大細胞型、主病変は小腸)、副腎皮質腺腫、甲状腺濾胞細胞癌を示した猫」 by 河村 (この患者さんのリンパ腫はCD3、CD20、Granzyme B陰性で、獣医療におけるリンパ腫の診断の難しさや限界を感じました。また、内分泌腫瘍の組織学的診断クライテリアについて、人の病理学会に参加した河村から有意義な情報提供がありました)
 ②「左心房の血栓症と肺水腫・胸水を示したシリアンハムスター」 by 三井 (調べてみると40年くらい前から報告されている、この動物種においては割とメジャーな疾患でした。ただ、病理発生機序についてはよくわかっておらず、今後類似症例の積み重ねと精査を続けなければと思いました)

3.おまけ
「植物組織病理にチャレンジしてみた!」 by 三井 (植物の細胞は「細胞壁」を有しているのが特徴ですが、動物と同じやりかたで組織切片ができたことにびっくりしました。勿論、この分野で研究やお仕事をされている方々が大勢いらっしゃるはずで、もっといい方法があるには違いないのですが。顕微鏡を覗くときのワクワク感がすごかったです) 

当勉強会の構造・やり方については、本年4月4日の投稿をご覧ください。次回第12回は、10月22日(土)13時スタートとなりますので、参加ご希望の方はご連絡ください。生検や剖検の症例発表は、参加者の持込も歓迎しますので、パワーポイントあるいは印刷したレジュメ、実際の組織スライド等を持参していただければと思います。持込症例がない場合に、当社の症例発表をすることにします。

次回はPathology of domestic animals 6th edition, Chapter 5 Special sensesの最終回で、p.488-508(耳)が予習範囲となります。とてもマニアックな分野ですが、この分野の素人が最低限知っておくべきことについて、学んでいきたいと思います。その次はいよいよ「皮膚病理」の広大な世界に足を踏み入れます。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井