2018年 新年のご挨拶とお知らせ

新年を迎え、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

毎年恒例となっておりますが、昨年弊社であった主な出来事について振り返り、今年の目標を添えてみます。

4月、河村先生が日本獣医病理学専門家協会(JCVP)認定医として、単名での診断書発行を開始しました。独り立ちの第一章です。レジデント(研修医)期間中は敢えて診断件数に上限を設け、一件一件を丁寧に診ることで症例からしっかり学び、ご依頼主の要望に的確に対応できるようになることを目標にしました。死後検査に関しては、三井と交互に症例を担当し、やはり丁寧に最初から最後まで注意力を持続して診断ができるように心がけました。優秀な成績を残し続けていますので、今年はさらなるスピードアップ、いい意味での要領の良さの会得、今後の進路開拓への着手の3点に意識を向けてもらう予定です。

同じく4月より、獣医師のKさんに週に2回、組織病理検体の切り出し業務や社内の雑務をお願いしています。社会人として、獣医師として、私どもも学ぶことが多い方です。今年も昨年同様に一緒にやっていただければと思います。

私個人としては、10月にJCVP試験合格、12月には岡山理科大学獣医学部の一教員として内定(赴任は2019年春)を得るなど、多少冷や冷やピリピリする時間を過ごしました。また、40歳も半ばを過ぎましたので逃れられないものとは思いますが、本業以外の大小の仕事やdutyが不定期にやってきまして、新旧世代の役割分担の折り返し点に自分が差し掛かっていると感じました。そして、この状況下で理想とする仕事のスタイルを貫くには何か工夫が必要だなあと、はっきり実感した1年でもありました。

多くのお客様から、来年春からノーバウンダリーズはどうするんだ?畳むのか?と質問を受けます。明言しておきますが、会社は継続いたします。ただし、教員という職種に初めてチャレンジしますし、期待に胸を膨らませて入学してくる学生さんや新しい同僚の皆さんに対する義務もあります。ですので、朝から晩まで診断業務に全霊を傾けていることができた(許された)これまでのようには行きません。大胆な発想で、難局を乗り切っていきます。

弊社スタッフ一同、今年も手を抜かずにハードワークを続ける所存ですので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
代表社員 三井一鬼