ミニ病理勉強会第2回

九州の地震の被害に気を揉みつつ、本日4月16日(土)、社内勉強会(ラウンド)第2回を行いました。臨床分野、臨床病理分野、病理分野の先生、獣医学生さん、総勢5名のゲストにお越しいただきました。昼食後の2時間あまり、「病理な時間」を一緒に過ごさせていただき、感謝申し上げます。明日の診療や診断につながる内容を一つでも持って帰っていただけたのなら幸甚です。本日のQ&Aを供覧します。

Pathology of domestic animals 6th ed Chapter 2-1 Q&As

当勉強会の構造・やり方については、前回の投稿をご覧ください。次回は4月30日(土)13時スタートとなりますので、参加ご希望の方はご連絡ください。

次回までに読んでくる範囲は、Pathology of domestic animals 6th edition, Chapter 2 Bones and Joints, p.46-84(toxic bone diseasesの手前まで)です。

生検や剖検の症例発表は、参加者の持込も歓迎しますので、パワーポイントあるいは印刷したレジュメ、実際の組織スライド等を持参していただければと思います。持込症例がない場合に、当社の症例発表をすることにします。

本日、写真を撮り忘れて後悔していますが、狭い当社に初めてこんなに人が来てくれた!という感じでした。今度ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井