ミニ病理勉強会第7回

いつも大変お世話になっております。夏が目前という気配がプンプンしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

7月2日(土)に行った第7回のミニ勉強会は参加者4名で以下の内容でした。

1.獣医病理教科書Q&A by 全員 Pathology-of-domestic-animals-6th-ed-Chapter-3-3-QAs
2.ミニレクチャー「筋原性筋疾患 その3」 by 河村 (特殊染色や免疫染色を用いた起立不能の牛の剖検症例の解析)
3.ミニレクチャー「犬と猫の乳腺腫瘍 前半」 by 三井 (近年新しく採用されている犬と猫の乳腺腫瘍の組織学的分類の解説を中心に)
4.生検症例検討会 by Dr.吉村 (犬の腫瘍2症例。免疫染色の結果も加味してのディスカッション)

Dr.吉村による症例検討①

Dr.吉村による症例検討②

今回のQ&Aも、考え甲斐、解き甲斐のある内容でした。皆さんお忙しい中、準備してくださってありがとうございました。

当勉強会の構造・やり方については、4月4日の投稿をご覧ください。次回第8回は3週間後の7月23日(土)13時スタートとなりますので、参加ご希望の方はご連絡ください。生検や剖検の症例発表は、参加者の持込も歓迎しますので、パワーポイントあるいは印刷したレジュメ、実際の組織スライド等を持参していただければと思います。持込症例がない場合に、当社の症例発表をすることにします。

次回までに読んでくる範囲は、Pathology of domestic animals 6th edition, Chapter 4 Nervous Systemのp.251-295(Lesions of blood vessels and circulatory disturbancesの手前まで)です。神経病理はなんかとっつきにくいなあ、と思っている方が多いと思いますが、基礎を丁寧に理解することでそのハードルは確実に下がるはずです。この章は4回に分けてカバーしていく予定ですので、一歩一歩学んでいきましょう!

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井