ミニ病理勉強会 第28回

いつもお世話になっております。花粉症持ちにとってはつらい季節ですが、そろそろ桜が咲きだし、刻一刻と冬を脱しつつあるのを感じます。

今回の勉強会には近隣の獣医大学の学生さん1名も参加してくれまして、活発かつ新鮮なやり取りが行われました(写真を撮り忘れてしまいました)。実施したことは以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A 血管とリンパ管

今回は血管やリンパ管に起こる様々な疾患について学びました。血液やリンパの通り道が傷害されるメカニズムや、その結果起こる病態について、理解を深めました。

2.死後検査症例検討

・三井:犬糸状虫寄生によって死亡した犬

3.ジャーナルクラブ

・三井:馬喘息(つい最近までrecurrent airway obstructionと呼ばれていたもの)が人喘息のモデルになり得るという論文の紹介

当勉強会の構造・やり方については、昨年3月17日の投稿をご覧ください。次回の第29回は、5月12日(土)午前10時からを予定しています。予習範囲はPathology of domestic animals 6th edition、第3巻、p.102-158です。脾臓とリンパ節は比較的地味な臓器/器官ですが、目から鱗が落ちる情報がきっと満載です!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

剖検手技説明ポスター販売のお知らせ

平素よりお世話になっております。

死因を調べるために動物の遺体を検査すること(検案/剖検)は、法律によって獣医師の職務として規定されていますが、今の世の中でこれをしっかりできる獣医師はほとんどいないと思われます。死後検査が再評価され、「うちの子の剖検をお願いできませんか?」という飼主さんからの要望が稀ではなくなってきている世の中なのに…。

これから剖検のやり方を学んでみたいという方々のために、このたび剖検手技を写真入りで説明したポスター(A1版、約85x60cm)を作成しました。

セールスポイントは以下の通りです。

・コスメティック剖検のエッセンスを防水仕様のポスター1枚で網羅しており、作業中にマニュアル本の頁をめくる煩雑さや資料を汚損する可能性から解放されます。使わないときはコンパクトに丸めて収納しておけます。
・日米で多数の動物の剖検に携わって得た経験や教訓を凝縮し、現場に即した説明を付しています。
・文字や模式図ではわかりにくい概念を多くの写真で説明していますので、初めての方でも剖検を完遂できます。
・動物看護士の方々にとっても、獣医師の剖検を補助する際にとても役に立つマニュアルです。

亡くなった動物から学ぶことなしに、獣医療の進化・深化は生まれません。本ポスターが剖検を皆様の「ルーチンワーク」にするための一助となれば幸いです。

購入ご希望の方は、以下の注文書をダウンロードいただき、ご記入およびお振り込みをされましたら弊社まで注文書をお送りください(メールあるいはFAXにて)。なお、勝手ながら、悪用防止のために本ポスターの販売は「獣医師、獣医・動物系学科の学生・大学院生、獣医関連業務従事者の皆様」を対象とさせていただきます。

ポスター注文書

ご不明な点がございましたら、何でもお尋ねください。

よろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
代表 三井