海外学会参加報告

いつもお世話になっております。本年もお客様にご迷惑をおかけし、弊社スタッフや家族に助けられ、海外の学会に参加してまいりましたので、ご報告申し上げます。

気温は零度ほどでした。

2017年の米国獣医病理学会(American College of Veterinary Pathologists; ACVP)および米国獣医臨床病理学会(American Society of Veterinary Clinical Pathology; ASVCP)の合同年次大会は、カナダの南西の太平洋沿いに位置する大都市バンクーバーにて、11月5日から8日まで開催されました(私が参加できたのは6日まででした)。これらの学会は北米(米国、カナダ)に基盤がありますので、学会も両方の国で開かれます。以前にモントリオールで本学会に参加し、カナダ入国が若干2回目の私の印象では、カナダは米国と街の作りはよく似ていますが、流れている空気がアットホームで余裕があり、いい意味で緊張しません。いつものように空港から市街へ向かうタクシーで運転手と雑談したところ、パキスタン人の運ちゃんは「子どもに教育を受けさせるにはカナダは最高の国だ!」と言っていました。カナダの大学を出ると市民権が与えられるとのこと。獣医大学のレベルが米国と遜色ないことは私も知っていましたので、安全で文化が多様で自然豊かなこの国で、英語で教育を受けさせることは、子を持つ親ならだれでも多かれ少なかれ興味を持つのではないかと思いました。では、以下に、いくつかに分けて学会のことを書きます。

①Pre-meeting workshop(学会の本日程の前日に行われる勉強会)
今年は、Approaches to Quantitative & Semi-Quantitative Scoring in Translational Pathologyというワークショップに丸一日参加しました。「トランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)」という言葉を聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれませんが、基礎研究で得られた成果を実際に臨床の現場で使えるようにしていく過程を対象とする幅広い学問分野だそうで、普段の私の仕事には縁がほとんどありませんので「どんなものなのだろう?」と思い参加しました。今回のワークショップは、様々なトピックについて10人以上のスピーカーがリレー方式でプレゼンをするやり方でした。トピックのタイトルを並べてみると、

 The blind pathologist
 Tissue scoring: Statistical approaches and data reporting
 Histopathology Grading in Toxicologic Pathology — STP’s View
 Comparative Pathologists: Ultimate Control Freaks Seeking Validation!
 Approaches to Scoring IHC
 Digital Imaging and automated quantitation
 Adding analytical dimension with immunofluorescence
 Approaches to Stereology
 What the heck? Medical devices overview
 Scoring cell death- apoptosis & necroptosis
 Approaches to scoring infectious processes
 Approach to grading lesions of osteoarthritis
 Scoring degenerative and age related pathology
 Approaches to scoring hematopoietic/lymphoid responses
 Finding Order in the Chaos: Scoring the Continuum of Cancer
 Pain in the Kras
 Clone wars: the cognitive conundrum of xenograft scoring

畑違いのことを学ぶ楽しさ!

何が何だかわからないかもしれませんが(私もそれほどちゃんとわかっていませんが)、人の疾患のメカニズムの解明や医薬品・医療機器の開発に必要な、動物、組織、細胞を用いた様々な試験に関する紹介や基礎的なポイントが語られていました。多くのトピックに共通していたことは、細胞や組織に生じた異常をいかにして数値化し、データに普遍性と客観性を持たせるかということでした。もともと数値で結果が出る検査ならともかく、病理学的評価の多くは形態学ですので、主観と客観のバランスをとるのが非常に難しい。トランスレーショナルリサーチにおける病理学は、主観を客観に翻訳・変換する作業を多く含んでおり、また、常に技術革新が積極的に応用されています。大きなお金が動く分野だから目覚ましい発展も当然のこと、そう言ってしまえばそうかもしれませんが、このような最先端の分野で培われたものが日常の臨床検体の病理診断に応用される例が今後増えていくでしょうから、興味津々でした。例として、近年発展が目覚ましいデジタルパソロジー(病理組織標本を専用のスキャナーで読み込んで、顕微鏡がなくともPC上で「鏡検」ができるようになっています)においては、これまで人間が一生懸命眼と手で数えたり評価してきたりした項目を専用のソフトウェアで一瞬にして把握することを可能にしており、診断病理医の仕事が将来なくなるのではないかという危惧の根拠になっています。当シンポジウムでは、様々な国際的な診断評価基準の整備の話も出ていました。医薬品開発は国境を越えて行われるのが当然になってきていますので、今後ますます、音楽家にとっての楽譜のように、病理医のための診断の決まり事がグローバル化していくでしょう。それにキャッチアップしていくのは大変そうですが、しない、できないとは言っていられない状況なのだなと感じました。

②学会
今年は日本の獣医病理医の認定試験を9月に受験した関係で発表にまで手が回らず、数々の講演を聴いたり、ポスターを全て見て回ったりと、受け身の参加になってしまいました。
講演では自然発生疾患のセクションに出席し、レッサーパンダのパルボウイルスの話(次世代シーケンサーまで駆使)、近頃はやっている個人宅での小規模家禽(鶏、アヒル等)飼育に対するカナダのオンタリオ州での疾病や防疫に関する調査、南米のパタゴニア地方でのアシカの幼獣の鉤虫寄生に関する調査、馬の陰茎に病変を作る2型馬パピローマウイルスの研究、猫の滑膜粘液種の研究(肉腫と改名した方がよいほど再発しやすい)、家畜の神経疾患に関する総説的発表等々を、興味深く聴きました。若い発表者たちも堂々と(内心は緊張しているのでしょうけども)、原稿など一切見ずに(日本では原稿にずっと目を落としっぱなしの発表者ばかりでがっかりします)、聴衆を楽しませるように喋っていて、聴きごたえがありました。
ポスター発表からも多くを学ぶことができ、ちょうど日常の病理診断で困っていた症例に関してヒントになるような題材があったり、新しい疾患や用語や概念を知ることができたりしました。
学会で得た知識は、今後の仕事に大いに生かしていきます!

③ミステリースライドセミナー
昨年同様、日本獣医病理学専門家協会(JCVP)と、我々が所属するACVP日本人会(JaGA)のコラボレーションで、神経病理ミステリースライドセミナーに参加した麻布大学の山崎先生をバックアップしました。山崎先生は相当事前に訓練を重ねられた様子で、原稿を見ずにスラスラと、聴衆を魅了する発表を英語で行いました。難度の高い発表にも関わらず、笑いもキッチリとっていました(これがこのミステリースライドセミナーの伝統でもあります)。日本の若手の獣医病理関係者の皆さんには、どんどんこういった経験を積んでいってほしいと切に思いました。

ミステリースライドセミナー。

④その他
今年も、JCVPの代田先生と桑村先生がACVPの評議員と面会する際に同席させていただきました。JCVPとACVPは良好な関係を継続しておられるようですので、今後は日本を訪れる外国人獣医病理関係者が増えてくれたらなあと個人的に望んでおります。
JaGAのメンバーが例年になく多く参加し、メンバーが予約してくれた地元でも人気のレストランにて、牡蠣をはじめとする美味しい食材を堪能しました。多少酔いながらも真面目な話し合いもし、JaGAが今後もいろいろな人たちに役立つ組織であり続けることを確認しました。

JaGAミーティングの後で。

学会プログラムがなかった時間を利用して、北大同窓の前田氏とともにレンタカーを借りて、ウィスラー(バンクーバー冬季オリンピックのスキー会場)等までドライブを楽しみました。気の置けない友人がいるというのはいいものです。

バンクーバーを観光用リフトから眺める。

では、学会報告はこの辺で終わりにします。ご質問等があれば遠慮なくお寄せください。

末尾になりますが、学会参加にあたってご迷惑をおかけした諸先生方には、あらためてお詫びと感謝を申し上げます。2018年の学会(Washington DCにて開催)もおそらく同様になる予定ですが、何とぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

三井

ミニ病理勉強会 第25回

いつもお世話になっております。いつの間にか今年最後の月になりました。インフルエンザの流行が始まっているようですので、皆様くれぐれもお体にお気を付けください。

本日12月2日(土)の第25回ミニ病理勉強会は、弊社社員のみで淡々と行いました。内容は以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A 呼吸器その1

鼻腔から肺に至るまで、感染症以外の様々な病態や疾患について、重箱の隅をつつくように学びました。弊社の死後検査170症例の統計によると、直接死因の半分以上が肺疾患で、ダントツの1位でした。肺は外気と循環血液の双方から深刻な傷害を受ける可能性がある、ガラスのように脆い臓器と言えます。動物の命を預かる仕事をなさっている獣医師の先生方には、是非一度、肺についてトータルに学ぶことをお奨めいたします。病理の教科書はその点、非常によい教材と思います。

2.アラカルト

河村は最近遭遇した外科病理検査症例を、三井は定期購読している学術誌からのトピックを、それぞれ持ち寄ってディスカッションしました。視点を変えて同じものについて語るというのは、よい気づきにつながりますね。

当勉強会の構造・やり方については、本年3月17日の投稿をご覧ください。次回の第26回は、2017年12月27日(水)午前10時より弊社にて実施します(今回のみ、諸事情により水曜日開催となります)。参加ご希望の方はご一報ください。

次回のQ&AコーナーはPathology of domestic animals 6th edition, Vol.2, Chapter 5, Respiratory System, p.523-591(第2巻の最後まで)が予習範囲となります。第2巻のクライマックスを、今回も厳しく楽しく学んでいきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

ミニ病理勉強会 第24回

いつもお世話になっております。2週続けて台風がやってきて、せっかくの少ない休みを台無しにするとは…。誰にも文句は言えませんが。

本日10月28日(土)に行った第24回のミニ勉強会は、前回に引き続き、弊社社員のみで行いました。内容は以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A 泌尿器その2

尿細管に起こる様々な病理学的変化、膀胱や尿道に起こる疾患、泌尿器の腫瘍、細菌、寄生虫等についてアップデートしました。これで泌尿器の病理検体に苦手意識なく取り組めそうです。

2.症例検討

・河村と三井がそれぞれ悩んだ組織検査症例を持ち寄ってディスカッションしました。時間さえあれば、これらは症例報告として発表できる内容のものです。時間を作るために、頭を使わねばと痛感しました。

当勉強会の構造・やり方については、本年3月17日の投稿をご覧ください。次回第25回は、2017年12月2日(土)午前10時より実施します。参加希望の方はご一報ください。

次回のQ&AコーナーはPathology of domestic animals 6th edition, Vol.2, Chapter 5, Respiratory System, p.465-523(Infectious diseases of the respiratory system の手前まで)が予習範囲となります。いよいよ呼吸器系に入っていきます。12月はミニ勉強会を2回開催して、第2巻を読了して正月を迎えたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

Dr.Kの日本獣医学会参加レポート

学会後の慌ただしさも多少なりとも落ち着いてきましたので、先月(9月13~15日)開催されました第160回日本獣医学会学術集会の参加レポートをご報告させていただきます。

学会会場は鹿児島大学郡元キャンパスでした。私は福岡県出身なのですが、今まで一回も鹿児島へ足を踏み入れたことがなく、人生34年目にしてやっと九州全県制覇となりました。関東で行われる学会も足を運びやすくいいのですが、地方での学会はちょっとした旅行気分を味わえます。

学会の初日と2日目の午後には研究成果の口頭発表があり、大学だけではなく、様々な研究施設や家畜保健衛生所などとの共同研究といった内容がたくさん出題されている印象がありました。特に狂犬病の研究発表が立て続けにあり、海外の研究施設との共同研究成果が上げられていることは素晴らしいことだと感じました。また、小動物の腫瘍分野ではどちらかというと遺伝子レベルの内容が多く、人間の病理と同様にこれからは遺伝子解析を含めた腫瘍診断というものも必要になる時代が来るのかなと考えさせられました。実験動物分野では日ごろからお世話になっている東京農工大学の方々のご発表がありましたが、非常にレベルの高い研究をされていて、何かの折に詳しくお話を伺いたいと思います(私の知識では発表時間内に理解することが困難でした)。大学院時代は学会での口頭発表が義務付けられていましたが、就職してからは口頭発表をするのが難しい状況になってしまっています。何とか頑張って研究活動を少しでも前進させ、学会での口頭発表を行いたいと思います。

2日目の午前中には病理分科会ワークショップ「家畜感染症の病理-人体病理との交流-」に参加しました。このワークショップは毎年異なるテーマで行われており、今回は鳥の感染症に関する講演がありました。鳥と人の共通感染症として有名なのは鳥インフルエンザですが、一昨年・昨年と日本で鳥インフルエンザ感染が養鶏場の鶏や野鳥から確認されたこともあり、5つの演題のうち3つは鳥インフルエンザに関するものでした。ヒトのインフルエンザの研究ではウイルス型とレセプターの関係から病変形成の機序に至るまで詳細な検索が行われており、鶏や野鳥の鳥インフルエンザの報告では病理学・疫学的な調査結果を拝見させていただきました。たまに鳥類の死後検査や組織検査を行う機会がありますが、やはり頭の片隅には常に鳥インフルエンザのことを置いて検査を行わなければと改めて考えさせられました。また、もちろん鳥インフルエンザ以外にも飼鳥や野鳥には様々な感染症がありますので、今回のワークショップからは本当にたくさんのことを学ばせていただきました。今後の鳥類の死後検査や組織検査に役立てていこうと思います。

最終日は夕方の便で帰る予定でしたので、午前中だけ学会会場に行きました。病理分科会は
2日目までで終わってしまいましたので、この日は「家禽疾病学分科会シンポジウム」というものに初めて参加してみました。ここでも鳥インフルエンザの講演が行われており、やはり昨今の鳥インフルエンザ事情は危機感を持って対応するべき問題として考えなければと感じました。ちなみにここでは国際獣疫事務局(OIE)、農林水産省、環境省、厚生労働省の先生が講演をされており、その役割分担の中での調査やジレンマなど、貴重なお話を聞くことが出来ました。なかなか普段の学会では他の分科会の講演を聞く機会がないので少し緊張していましたが、シンポジウムが終わる数分前に知り合いの先生が慌てて会場に入って来られて、講演をほとんど聞けずに終了するという状況を見ることができましたので、最後の最後で少し心休まりました。

学会では研究発表を聞いたり講演を聞いたりすることが大事なのですが、やはり普段なかなか会えない先生方や先輩方との交流の場というものも大事だなと思っています。初日の学会後に開催された交流会では、さすが鹿児島と言わんばかりの非常に美味しい肉(豚、牛、鶏)料理が食べられ、非常に美味しいお酒(特に焼酎)が飲めたので大満足でした。また、大学・大学院時代にお世話になった先生方や先輩方とは積る話をたくさんさせていただきましたが、昔から変わることのないやりとりや会話といったものは心安らぐものだなと感じました。ただ、今回の学会でふと気づいたことは、同期(偶然にも高校時代の同級生が獣医病理の世界にいます)や大学・大学院時代の後輩と遭遇する機会に恵まれることが増えてきた、これからは少しずつ下っ端から脱却して、引っ張っていくような年代になってきたのかなと考えさせられました。

今後もいろいろな学会に参加して、また皆様にいろいろなことをご報告させていただこうと考えています。

ノーバウンダリーズ動物病理
河村芳朗

ミニ病理勉強会 第23回

いつもお世話になっております。秋の気配が漂ってきました。寒暖差で体調を崩しがちな季節ですが、皆様くれぐれもご自愛ください。

本日9月25日(月)に行った第23回のミニ勉強会は、弊社社員のみで行いました。内容は以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A Q&A集 腎臓その1

腎臓の生理・病理の基礎や、糸球体疾患について学びました。獣医分野では電子顕微鏡や特殊染色・免疫染色による糸球体疾患の細分類がほとんどなされておらず、人医療に大きく後れを取っている領域です。検査業界から見ても需要と供給のバランスが悪く今後もブレイクスルーがそれほど望めない分野ではありますが、知恵と大胆さで何とかしたいと常に思っております。

2.症例検討

・河村と三井がそれぞれ悩んだ組織検査症例を持ち寄ってディスカッションしました。

当勉強会の構造・やり方については、本年3月17日の投稿をご覧ください。次回第24回は、2017年10月の、土曜日に実施しようと考えております。もし土曜日ならいけるよ!という方がいらっしゃいましたら、希望日や時間など教えていただければ柔軟に調整いたしますので、是非ご連絡ください。

次回のQ&AコーナーはPathology of domestic animals 6th edition, Vol.2, Chapter 4 Urinary System, p.421-464(腎臓の章の最後まで)が予習範囲となります。次の呼吸器の章でこの第2巻は終わります。何とか今年中に第2巻を読み切りたいと思っています!亀の歩みです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井