Dr.Kの日本獣医学会参加レポート

学会後の慌ただしさも多少なりとも落ち着いてきましたので、先月(9月13~15日)開催されました第160回日本獣医学会学術集会の参加レポートをご報告させていただきます。

学会会場は鹿児島大学郡元キャンパスでした。私は福岡県出身なのですが、今まで一回も鹿児島へ足を踏み入れたことがなく、人生34年目にしてやっと九州全県制覇となりました。関東で行われる学会も足を運びやすくいいのですが、地方での学会はちょっとした旅行気分を味わえます。

学会の初日と2日目の午後には研究成果の口頭発表があり、大学だけではなく、様々な研究施設や家畜保健衛生所などとの共同研究といった内容がたくさん出題されている印象がありました。特に狂犬病の研究発表が立て続けにあり、海外の研究施設との共同研究成果が上げられていることは素晴らしいことだと感じました。また、小動物の腫瘍分野ではどちらかというと遺伝子レベルの内容が多く、人間の病理と同様にこれからは遺伝子解析を含めた腫瘍診断というものも必要になる時代が来るのかなと考えさせられました。実験動物分野では日ごろからお世話になっている東京農工大学の方々のご発表がありましたが、非常にレベルの高い研究をされていて、何かの折に詳しくお話を伺いたいと思います(私の知識では発表時間内に理解することが困難でした)。大学院時代は学会での口頭発表が義務付けられていましたが、就職してからは口頭発表をするのが難しい状況になってしまっています。何とか頑張って研究活動を少しでも前進させ、学会での口頭発表を行いたいと思います。

2日目の午前中には病理分科会ワークショップ「家畜感染症の病理-人体病理との交流-」に参加しました。このワークショップは毎年異なるテーマで行われており、今回は鳥の感染症に関する講演がありました。鳥と人の共通感染症として有名なのは鳥インフルエンザですが、一昨年・昨年と日本で鳥インフルエンザ感染が養鶏場の鶏や野鳥から確認されたこともあり、5つの演題のうち3つは鳥インフルエンザに関するものでした。ヒトのインフルエンザの研究ではウイルス型とレセプターの関係から病変形成の機序に至るまで詳細な検索が行われており、鶏や野鳥の鳥インフルエンザの報告では病理学・疫学的な調査結果を拝見させていただきました。たまに鳥類の死後検査や組織検査を行う機会がありますが、やはり頭の片隅には常に鳥インフルエンザのことを置いて検査を行わなければと改めて考えさせられました。また、もちろん鳥インフルエンザ以外にも飼鳥や野鳥には様々な感染症がありますので、今回のワークショップからは本当にたくさんのことを学ばせていただきました。今後の鳥類の死後検査や組織検査に役立てていこうと思います。

最終日は夕方の便で帰る予定でしたので、午前中だけ学会会場に行きました。病理分科会は
2日目までで終わってしまいましたので、この日は「家禽疾病学分科会シンポジウム」というものに初めて参加してみました。ここでも鳥インフルエンザの講演が行われており、やはり昨今の鳥インフルエンザ事情は危機感を持って対応するべき問題として考えなければと感じました。ちなみにここでは国際獣疫事務局(OIE)、農林水産省、環境省、厚生労働省の先生が講演をされており、その役割分担の中での調査やジレンマなど、貴重なお話を聞くことが出来ました。なかなか普段の学会では他の分科会の講演を聞く機会がないので少し緊張していましたが、シンポジウムが終わる数分前に知り合いの先生が慌てて会場に入って来られて、講演をほとんど聞けずに終了するという状況を見ることができましたので、最後の最後で少し心休まりました。

学会では研究発表を聞いたり講演を聞いたりすることが大事なのですが、やはり普段なかなか会えない先生方や先輩方との交流の場というものも大事だなと思っています。初日の学会後に開催された交流会では、さすが鹿児島と言わんばかりの非常に美味しい肉(豚、牛、鶏)料理が食べられ、非常に美味しいお酒(特に焼酎)が飲めたので大満足でした。また、大学・大学院時代にお世話になった先生方や先輩方とは積る話をたくさんさせていただきましたが、昔から変わることのないやりとりや会話といったものは心安らぐものだなと感じました。ただ、今回の学会でふと気づいたことは、同期(偶然にも高校時代の同級生が獣医病理の世界にいます)や大学・大学院時代の後輩と遭遇する機会に恵まれることが増えてきた、これからは少しずつ下っ端から脱却して、引っ張っていくような年代になってきたのかなと考えさせられました。

今後もいろいろな学会に参加して、また皆様にいろいろなことをご報告させていただこうと考えています。

ノーバウンダリーズ動物病理
河村芳朗

ミニ病理勉強会 第23回

いつもお世話になっております。秋の気配が漂ってきました。寒暖差で体調を崩しがちな季節ですが、皆様くれぐれもご自愛ください。

本日9月25日(月)に行った第23回のミニ勉強会は、弊社社員のみで行いました。内容は以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A Q&A集 腎臓その1

腎臓の生理・病理の基礎や、糸球体疾患について学びました。獣医分野では電子顕微鏡や特殊染色・免疫染色による糸球体疾患の細分類がほとんどなされておらず、人医療に大きく後れを取っている領域です。検査業界から見ても需要と供給のバランスが悪く今後もブレイクスルーがそれほど望めない分野ではありますが、知恵と大胆さで何とかしたいと常に思っております。

2.症例検討

・河村と三井がそれぞれ悩んだ組織検査症例を持ち寄ってディスカッションしました。

当勉強会の構造・やり方については、本年3月17日の投稿をご覧ください。次回第24回は、2017年10月の、土曜日に実施しようと考えております。もし土曜日ならいけるよ!という方がいらっしゃいましたら、希望日や時間など教えていただければ柔軟に調整いたしますので、是非ご連絡ください。

次回のQ&AコーナーはPathology of domestic animals 6th edition, Vol.2, Chapter 4 Urinary System, p.421-464(腎臓の章の最後まで)が予習範囲となります。次の呼吸器の章でこの第2巻は終わります。何とか今年中に第2巻を読み切りたいと思っています!亀の歩みです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

ミニ病理勉強会 第22回

いつもお世話になっております。夏本番で毎日ビールとアイスがうまい!、のはずが、変な天気続きで戸惑っております。

昨日8月21日(月)に行った第22回のミニ勉強会は前回に続き、東京農工大学の井手先生をお迎えして、臨床からのインプットをいただきながら行うことができ、大変有意義でした。もう一かた、獣医病理学教室の学生さんも参加してくれて、いつになく活発な会となりました(Q&A集もページが増えました)。先生方、誠にありがとうございました。

今回行った内容は以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A Q&A集 肝臓その2、膵臓

肝臓と膵臓について、目から鱗を落としながら学びました。臨床で膵炎と呼ばれているものには、発生メカニズムや細胞構成が異なるものがいくつか含まれています。ですので、検査の結果や治療への反応が期待を裏切ることが時々起ります。病気の成り立ちを知った上で検査や治療をすれば、患者さんを効果的にケアできることになりますので、是非臨床の先生方には病理医とよく相談して臨床上の疑問を解決していただければと思います。

2.死後検査症例検討

・血管肉腫によって死亡した犬2症例の紹介(by河村)

血管肉腫は特に犬にとっては致命的な悪性腫瘍です。この腫瘍がどこにどんなふうに出来るかによって、しかしながら、亡くなり方がかなり異なります。臨床的に何ともない早い段階でこれらが見つけられていたらどんな対処が可能だったろうか、もう少し寿命が延びたのだろうか、そんな基本的なディスカッションがわが国ではあまりなされなくなりました。これからも細々と死後検査をアピールしてまいります。

当勉強会の構造・やり方については、本年3月17日の投稿をご覧ください。次回第23回は、2017年9月25日(月)午前10時から2時間ほど行う予定です。ご都合のつく方はおいでください。

次回のQ&AコーナーはPathology of domestic animals 6th edition, Vol.2, Chapter 4 Urinary System, p.376-421(Diseases of tubulesの手前まで)が予習範囲となります。泌尿器系の章は2回に分けてカバーしていきますが、興味深いトピックが満載ですので、大いに今後の診断や治療の役に立つことでしょう。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

ミニ病理勉強会 第21回

いつもお世話になっております。梅雨が明けて、夏本番です。

本日7月24日(月)に行った第21回のミニ勉強会は、東京農工大学の井手先生をお迎えして、臨床面のご助言をいただきながら行うことができ、大変有意義でした。ありがとうございました。

今回実施した内容は以下の通りです。

1.獣医病理教科書Q&A 肝臓Q&A集 その1

肝臓は様々な慣用句になるほどに我々にとってなじみの深い臓器で、黙々と働く頼もしいヤツです。そんな肝臓の疾患を理解するための基本的な構造や病理発生メカニズムについて学びました。

2.死後検査症例検討

・アザラシのSchizophyllum commune(真菌)感染症(by河村)
(臨床家が腫瘍と思ってしまうほどド派手な真菌症について、電顕やPCRまで駆使して果敢に最終診断に至った貴重な症例でした。これとは別に、様々な真菌性病原体に対して様々な特殊染色を施し、各染色の有用性や病原体による染色態度の違いも考察してくれました。)

・若齢猫の大動脈弁下狭窄(by三井)
(猫では珍しいこの疾患により、全身に血栓が形成されて亡くなった症例でした。)

当勉強会の構造・やり方については、本年3月17日の投稿をご覧ください。次回第22回は、2017年8月21日(月)午前10時から2時間ほど行う予定です。ご都合のつく方はおいでください。

次回のQ&AコーナーはPathology of domestic animals 6th edition, Vol.2, Chapter 2 Liver and Biliary System, p.309から、一気にChapter 3 Pancreasを読み切るp.375までが予習範囲となります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ノーバウンダリーズ動物病理
三井

Dr.Kの動物と人の病理学会参加レポート

平素よりお世話になっております。レジデントの河村です。この数カ月で2つの学会に参加いたしました。随分と遅れてしまいましたが併せてご報告させていただきます。

まず1つ目は、3月30-31日に行われた日本獣医病理専門家協会第4回学術集会(第57回獣医病理学研修会)です。この学会は日本全国から多くの獣医病理学者が集まり、毎年非常に白熱した学会となります。特に研修会は様々な機関が病理組織標本を事前に提出し、当日会場内で議論を交わしますので、しばしばヒートアップすることもあります。発表者は気が気ではありません。私も大学院生時代に2回発表させていただきましたが、自分の発表が終わるまでは非常にナーバスになった記憶があります。

今回の研修会ではいわゆる「典型的な症例」と「診断に苦慮する症例」がバランスよく混在しており、多くのことを学ばせていただきました。特に口蹄疫ウイルス感染症の病変は、普段の生活ではほぼ診ることのない組織ですので、大変興味深いものでした。また、今学会のテーマが「獣医病理の王道を探る」であり、ヘマトキシリン・エオシン(HE)染色のみでの発表(もちろんそのバックグラウンドには詳細な検索がなされています)にこだわっていらっしゃった姿勢には心打たれるものがありました。(ちなみに「王道」には「楽な道」と「正当な道」の二つの意味があるそうですが、個人的には後者のイメージが強いです。)診断に苦慮する症例では、様々な手技(免疫組織化学的検索、特殊染色、電子顕微鏡、遺伝子検査等々)を駆使して詳細に検索がなされており、日々の診断にも応用できないものかと思いを巡らせていました。個人的には電子顕微鏡が好きなのですが…ルーチンな検査としてはハードルが高いですね。

また、スライドセミナー・チュートリアルセミナー・卒後教育セミナー・ポスター発表といった様々な勉強の場があり、最新の知見や知識を共有することができました。私個人のことなのですが、「死後検査に供されたイヌならびにネコの副腎組織の病理組織学的検索」という題名でポスター発表をさせていただきました。内容的には「イヌとネコの副腎組織の基本的な構造や状態を再整理しよう」というものです。残念ながらお亡くなりになり、死後検査に供された症例から何か学ぶことはないのかという想いと、もともと内分泌組織の勉強をしていたこともあり(大学院時代は犬の甲状腺腫瘍に関する研究を行っていました)、改めて副腎組織を観察するとその多様性や奥深さに興味を持ったことが相まって始めた研究です。まだまだ出だしの一歩を踏み出したばかりで課題は山積みですが、これからも地道に知見を積み重ねていき、その進行状況をまた学会等で発表していきたいと思っています。

この学会では普段会うことのできない先生方や先輩方、友人や後輩たちと会うことができるので、来年以降も楽しみにしています。また私の個人的な話になりますが、先秋に受験した日本獣医病理学専門家協会(JCVP)の試験に辛うじて合格し、4月から会員となることができました。次回以降のJCVP学術集会は一会員としてより一層の意欲を持って参加して参りたいと思います。

2つ目は、東京都の京王プラザホテルで4月27-29日に行われた第106回日本病理学会総会です。人間の病理学会に参加するのは去年に続き2回目ですが、改めてその規模の大きさには驚かされるばかりでした。参加受付を行った際にもらえる冊子の表紙とネームプレートには4種類の免疫染色を同一切片で行った組織写真という、カラフルかつマニアックなプリントが施されているものでした。

昨年も感じた事なのですが、同じ時間帯に別々の場所でセッションが行われており、事前にどの内容を聞きに行くのかスケジュールを立てなければ、会場を右往左往するだけになってしまうという事態に陥ってしまいます。今後ご参加予定の方がいらっしゃいましたらご参考にしていただければと思います。

「宿題報告」というものが学会の目玉と考えられているみたいで、数人の先生方がこれまで長年行われてきた研究成果をまとめて発表してくださるという、非常に有意義かつ濃密なセッションがありました。私も少しかじっていたこともあり、個人的には「腫瘍微小環境」の形態学から分子病理学までを精査した研究のお話が大変興味深かったです。平たく説明すると、「腫瘍」は「腫瘍細胞」と「腫瘍間質」から構成されており、それぞれの相互作用により様々な事象(腫瘍細胞の浸潤や抗がん剤に対する耐性の獲得など)が成り立っているという内容です。一般的には「腫瘍細胞」に焦点を当てた研究や知見が有名ですが、その周りの「環境」も腫瘍を考える上で大事なのだそうです。獣医領域においてもこれから注目をしていくべき分野になると思います。

また、昨年に引き続き、「病理解剖とAI(Autopsy imaging;死亡時画像診断)研究会」という、夜7時20分~8時50分のコアな時間に開催された勉強会にも参加してきました。発表される方々は多方面にわたっており、その中で弁護士の先生のお話も聞くことができました。医療事故調査や医療訴訟における病理解剖の役割というものを法律の専門家の観点から捉えられていました。獣医領域ではまだまだ大きな問題として取り上げられない医療事故調査ですが、これから多かれ少なかれそのような事象に遭遇することもあるかもしれません。その際に困惑しないためにも、これからも勉強会に参加していろいろなことを吸収していければと思います。

ポスター発表の演題数はなんと3日間で755演題(1日ごとに張替)もあり、やはりその規模の大きさには驚かされました。分子病理学的な手法を用いた先進的な研究もあれば、形態学や疫学的な観点からの古典的な研究もあり、非常にバリエーションに富んでいました。また、剖検症例のポスターでは、やはり少しショッキングな写真等もありましたが、残念ながら亡くなられた方から少しでも何かを学ぼうとする想いが感じられ、その根底にあるものは医学も獣医学も同じなのだなと思いました。

2つの学会参加報告で少し長くなってしまいましたが、こらからも機会があれば様々な学会に参加し、様々な観点を得ることで日々の診断業務や研究活動に活かしていきたいと思います。

ノーバウンダリーズ動物病理 レジデント
河村芳朗